INTERVIEW関戸 祐介フロントエンドエンジニア

PROFILE

新卒で入った会社ではECサイトの企画などを担当。あるきっかけでプログラミングに興味を持ち、受託・SESでフロントエンドの経験を積む。上流工程からサービスの開発に携わりたいという想いを抱き、オハコへ入社。


imgimg

INTERVIEW関戸 祐介フロントエンドエンジニア

PROFILE

新卒で入った会社ではECサイトの企画などを担当。あるきっかけでプログラミングに興味を持ち、受託・SESでフロントエンドの経験を積む。上流工程からサービスの開発に携わりたいという想いを抱き、オハコへ入社。


挑戦し続けられる環境で、技術者として圧倒的に成長する

オハコのエンジニアは提案やUX設計の工程から議論に参加し、必要な技術や開発手法を自ら選定した上で開発を行っています。エンジニアの視点から、オハコでエンジニアとして働くことについて、お話しします。

img img
STORY 01
常に新しいことに挑戦できる環境がここにある

オハコでエンジニアリングを行う魅力を教えてください。

担当する案件で何の技術を使うのかは個々のエンジニアチームに任されているので、新しい技術に挑戦したいと思った時に挑戦できるのは大きな魅力ですね。
さらに、上流の工程からエンジニアが関われるのも大きな魅力です。できたデザインをただ組むだけではなく、初期提案やUI/UX設計の段階から入って議論ができる。職域を超えて会話するのが当たり前なので、とてもやりがいがありますね。

img img
STORY 02
それぞれの強みを活かしてプロジェクトをリードする

プロジェクトチームの中でどのような動き方をされているのですか?

今のプロジェクトでは技術的な部分も担当しつつ、お客様とのやりとりも担っています。
また、私は迷った時はいつも「あの人だったらどうするだろう?」と他のメンバーの仕事の仕方考えるようにしています。自分の尊敬する人のコードの構造を真似することで、理解が深まりますし、自分でできることも増えて成長できると考えています。

img img
STORY 03
コードを書いた先の将来のキャリアを見据えて。

最後に、今後の展望について教えてください。

3年後にはプロジェクトマネージャー(PM)になっていたいです。
開発現場には技術の知識を持ったPMがまだ少ないので、そこを解決できる立場になりたいと思っています。今の案件でも打ち合わせに行ったり、半分PMのような動き方をさせてもらっています。
そういった意味でも、オハコはこれをやりたいと言えばやらせてもらえる環境だと思います。また、オハコでは、コミュニケーションを大切にしているエンジニアばかりなので、経験の浅い人でも親身にサポートしてもらえます。新しいことに挑戦して成長していきたいという人には是非オハコに入ってもらいたいですね。

img img
プリンシパルデザイナー
澤田 浩二
img img
UIデザイナー
神園 千鶴
權 彩彬
img img
執行役員
吉田 大一
img img
フロントエンドエンジニア
関戸 祐介
image image

  ヒト・モノ・コトをつなぐ
接点となれ。