INTERVIEW

神園 千鶴

權 彩彬

  • UIデザイナー
  • PROFILE

    神園 千鶴:学生時代は「人」への興味から、発達心理学を学ぶ。メーカーのマーケターとしてECサイトの運営に携わる中、デザインの数字への影響力に気づき、自身が制作する側になりたいと決意。デザイナーに転身しWeb制作会社を経てオハコへ入社。


    權 彩彬:韓国出身。デザイン学校で映像を学ぶ一方で、グラフィックやWebに興味を持つ。モバイルのOSデザイン、Web制作、スタートアップのインハウスなどデザイナーとして幅広いキャリアを経験。UI/UXデザインに専念したいと志し、オハコに入社する。

    imgimg

    INTERVIEW神園 千鶴 / 權 彩彬
  • UIデザイナー
  • UIデザイナー
  • PROFILE

    神園 千鶴:学生時代は「人」への興味から、発達心理学を学ぶ。メーカーのマーケターとしてECサイトの運営に携わる中、デザインの数字への影響力に気づき、自身が制作する側になりたいと決意。デザイナーに転身しWeb制作会社を経てオハコへ入社。


    權 彩彬:韓国出身。デザイン学校で映像を学ぶ一方で、グラフィックやWebに興味を持つ。モバイルのOSデザイン、Web制作、スタートアップのインハウスなどデザイナーとして幅広いキャリアを経験。UI/UXデザインに専念したいと志し、オハコに入社する。

    UIデザイナーがサービス開発に提供できる価値を広げていく

    オハコにおけるUIデザイナーは、UX設計・UIデザインから検証に至る、最初から最後までお客様のプロダクトにしっかり寄り添い、誠実に、最適なソリューションを提案します。同じプロジェクトチームで働いている2名のデザイナーの視点から、オハコでUIデザイナーとして働くことについて、お話しします。

    img img
    STORY 01
    UI/UXデザインに専念できるからこそ、デザイナーとして大きな裁量を持つことができる

    お二人がオハコに入った理由を教えてください。

    神園:デザイナーに転換してWebデザインをやっているうちに、外面だけではなく体験や機能の設計から携わることができる仕事を求めるようになりました。オハコはUIデザインを専門にしていると同時に、まだ新しい会社なので、自分も会社と一緒に成長していけると面白いと思いました。

    權:私もインハウスデザイナーの経験を経てUIデザインに専念したいと思ったからです。日本の会社には厳しいイメージがありましたが、いろいろな人とお話しをしながらとても自由に仕事ができています。

    神園:特にオハコではデザイナーがお客様と密にコミュニケーションを取れるので、関わることのできる範囲が広いです。制作スキルと同時にコミュニケーションスキルも求められますが、直接褒めていただける機会も多く、やりがいはとても大きいと感じています。

    權:会社としてもデザイナーが上流から深く関われるように働きかけていますし、社員一人ひとりがそれをしっかり受け止め、プロダクトの成長に対してとても真剣に考えている会社だと思います。

    img img
    STORY 02
    チームとしての相乗効果で人数以上の力を発揮する

    お二人は同じプロジェクトチームの中でどのように動いているのですか?

    權:今のプロジェクトでは、神園さんがデザインの責任者。画面やパーツを割り振っています。

    神園:明確な役割があるわけではないので、各々が自走しつつ、常に相談しながら、課題を一つひとつ解決して作っています。一人でデザインをしていたときよりも、他の意見がもらえることでデザイン自体のクオリティはとても上がっていると感じています。

    權:神園さんはデザインに対しても自己管理に関してもガイドを明確に引いて、きっちり仕事をされている印象です。トンマナや共通パーツなどは、ソフトのコンポーネント化の機能なども駆使し、プロダクトの統一された世界観を大切にしています。

    神園:權さんはスタイルを合わせるだけでなく、大量にレファレンスをして柔軟な発想でデザインされる方です。私はシステマチックな部分に意識が行きすぎてしまうところもあったので、チームとして働いていて色々な気づきを与えてくださいますね。

    權:エンジニアの方ともいつでもコミュニケーションが取れる環境なので、デザインのチェックや開発工数の相談を柔軟に行っています。開発側と前向きな議論をするためにも、自分のデザインの意図をしっかり言語化することはとても重要視しています。

    img img
    STORY 03
    デザイナーが提供できる価値を、自ら底上げしていきたい

    最後に、今後の展望について教えてください。

    權:サービスの企画やコンセプトを決めることにも関心があるので、目指すのは「提示するデザイナー」。そういう仕事をやるためにもまずは実力をつけなければならないので、UXやリサーチの経験を積み、それを表現するUIのスペシャリストになりたいと思っています。

    神園:私は今はプレイヤーとして成長していくことしか考えていません。論理的な思考を持ち、且つグラフィカルなアウトプットができる人材はまだ日本にあまりいないと感じているので、そういった人材に自分からなっていきたい。WEBやアプリにとらわれず、人の生活が少しでも良くなるものならなんでも作ってみたいです。

    權:時代に離されないよう、AIや拡張現実など新しい技術やデザインのトレンドに敏感でありつつ、その上で自分のスタイルを確立していきたいですね。

    神園:オハコはとてもオープンでいろいろな職域の人と関ることができる。自分の役職にとらわれず、横断的な視点で議論を楽しめる人は、必ずオハコに成長の場を見つけることができると思います。

    img img
    取締役 執行役員 CDO
    澤田 浩二
    img img
    UIデザイナー
    神園 千鶴
    權 彩彬
    img img
    取締役 執行役員
    吉田 大一
    img img
    フロントエンドエンジニア
    関戸 祐介
    Jérôme Dupuis
    image image

      ヒト・モノ・コトをつなぐ
    接点となれ。