lp_v05

SCROLL

接点を創る。接点となる。

2012 ― 2017

オハコは創業から5年を迎え、
独自のビジョンとミッションを明文化すると共に、
コーポレートロゴを刷新します。

vision

ヒト・モノ・コトをつなぐ
最良の接点を創る

オハコは、今まで以上に豊かな体験を生み出すために、
ヒト・モノ・コトを相互につなぐ最良の接点を考え、創り続けます。
デジタルプロダクトの構築を主に行っていますが、
それを使うヒト、そこで扱われるモノ、そこで生まれるコトを、
相互につなぐ接点として、デジタルプロダクトの在り方を捉えており、
その全体をデザインしていきたいと考えています。
そうやって最良の接点を追求し増やしていくことは
様々なヒト・モノ・コトがシームレスにつながる世界をつくることであり、
その世界は、論理を超えた豊かな感情で溢れる世界だと信じています。

我々は、そんな世界の実現をデザインとテクノロジーの力によって主導していきます。

mission

最良の接点となり
ビジネスとユーザーをつなぐ

オハコの仕事は、まず「誰」に「どんな価値」を届けるのかを定義するところから始めます。 そして、ユーザーの事を知り、理解することと同じくらい、
クライアントのビジネスを知り、理解します。
常に「ユーザー」と「ビジネス」を中心に置きながら、
最良のチームとプロセスで最良の接点を模索しつつ、
企業や組織のビジネスの成長に貢献したいと考えています。
取り組む領域は広く対象は多岐に渡り、時代の変化と共にそれらも変わり続けています。
それでも、我々の目指す世界は変わることなく、学習を続け、検証を繰り返し、
価値ある接点の在り方を徹底して考えながら進化し続けます。
最良の接点を創り続けるために、
我々自身がクライアントのビジネスとユーザーにとっての最良の接点でありたいからです。

identity

デザインに対する考え方と
姿勢を集約したアイデンティティ